作品とかライフログとが忘備録とか

合わせても3万円弱!広角単焦点レンズSEL16F28と、魚眼コンバータVCL-ECF1

2014 年 10 月 27 日

0


SEL16F28

141027-7
α5100にSEL16F28をつけるとこんな感じに

パンケーキとまではいかないですが、薄くて軽いレンズです。

前回前々回のエントリでソニーのα5100とシンデレラレンズSEL50F18を紹介しましたが、いくらシンデレラレンズとは言え、SEL50F18は望遠気味のレンズなので街角の雰囲気や近くのものを広い範囲で撮りたいときには画角が足りません。料理写真を撮る時も椅子を引いて反り返ってやっとカレー皿の一部が入る、という感じです。という訳で、広角担当としてSEL16F28を買いました。

とても薄くて軽いレンズで、まさにスナップ向きのレンズです。

141023b
やはり広角なので街撮りに向いています。

141023a
等倍で見るとやはりSEL50F18と比べるとやや解像度感が落ちますが、このぐらいのサイズだったら全く問題になりません。

VCL-ECF1

実はこのレンズを買う際、同価格帯のレンズとしてシグマの19mm F2.8 と迷っていました。詳しい人に聞くと、レンズとしての描写力はシグマのほうが勝るという話だったのですが、SEL16F28にはシグマには無いあるウリがあるんです。
それはコンバージョンレンズの存在。超広角のワイドコンバーターVCL-ECU1と、魚眼のVCL-ECF1です。
魚眼レンズは前から欲しいレンズだったのですが、VCL-ECF1は何といっても安い!1万2千円払うとお釣りが来るレベルです。


141027-5
SEL16F28の上にカチっと取り付けます。

141027-4
さすが魚眼。レンズがでかい!
魚眼にあうプロテクターは無いそうです。傷がつかないように気を付けないと。

さっそく撮影してみます。

こんな平凡な路地の写真が
141027a

こうなりました
141027b
画面に周囲の情報がぎゅっとやってきて、魚眼の強い歪みと相まってとても面白い絵になります。

141027c
橋の上から。左右の手すりが移りこんでいます。180度とは言えませんが凄い画角!

141027d
フィッシュアイの非現実感ってなんかオシャレですよね。

141027e
等倍で角を見るとさすがに色収差でパープルフリンジが出てしまいますが、それでもこのレベルです。
パープルフリンジ(Wikipedia)

141027f
夜景になると描写力の甘さを感じる気が。設定や撮り方に工夫が必要かも。

141027-6
マカロン型のレンズケースがついてきました。

弱点

SEL16F28にフィッシュアイコンバーターをつけるときは非常に簡単にできるのですが、フィルターやプロテクターを外す必要があります。
いちいちフィルターをキュルキュル外すのは大変なので、持ち歩いている時はフィッシュアイコンバーターをレンズキャップの様に付け外していましたが、さすがに合体した状態だと大きいし意外とずっしりしているので、せっかくの取り回しが悪くなってしまいます。

141027-1
また、レンズキャップがこんな感じなんですが

141027-2
スクリューもとっかかりもなく、側面の摩擦で保持するだけなので何かのきっかけに絶対落とします(確信)
サイドに滑り止めテープを貼るなどの工夫が必要そうです。

まとめ

とはいえ、このお値段でお気軽に高いクオリティの魚眼を使えてしまうのは驚きです。
むかーし買ったNikonのコンデジ用のワイドコンバーターはこのセットの倍ぐらいの値段がした気がします。SEL16F28単体でも私にとって十分なクオリティで、しばらくはくこのレンズをメインに使っていくと思います。かさばらず軽いですしね。



141027-3
Made in Japan でした。

ちなみに前回エントリのSEL50F18,SEL16F28ともに、こちらのプロテクターを取り付けています。SEL16F28はこの記事にも書いたようにコンバージョンレンズをつけるときは取り外さないといけないですが。

 

/ takuma

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

タクマ

フリーランスのグラフィックデザイナー

グラフィック,映像,Web,UIなど

元3DCGCGアニメーター

Gallary

hum.id ヒューム・アイディ

takuma http://hum-id.jp/

ヒューム・アイディについて/ご連絡